戸建ての外壁塗装の費用で後悔しない方法

外壁塗装に使われる塗料の種類と耐用年数を明らかにしています。見積もり金額にも大きく影響するの知っておいて損は無いです。新築時はピカピカでも経年劣化が進む外壁塗装。塗り替え工事では耐用年数を取るか塗料の種類を取るかは考え方次第です。

外壁塗装に使われる塗料の種類と耐用年数を明らかにしています。見積もり金額にも大きく影響するの知っておいて損は無いです。新築時はピカピカでも経年劣化が進む外壁塗装。塗り替え工事では耐用年数を取るか塗料の種類を取るかは考え方次第です。

外壁塗装は何故必要なのか

外壁塗装はなぜ、10年に一度前後のペースで塗り替え工事をしなければならないのでしょうか。答えは簡単です。建物を熱、雨、ゴミ、砂、紫外線、風などから守ることで、建物を長持ちさせるためです。特に日本は四季があり、台風が多く、しかも昨今の夏の暑さは尋常ではありません。そんな過酷な環境下で建物を維持管理していくには、それなりの機能を持つ塗料が必要になります。

品質の良い塗料を使って、過酷な環境を乗り越えるために建物全体をコーティングしなければ、鉄部は錆び、木部は腐り、コンクリートはヒビが入り、強烈な紫外線を跳ね返すことは出来ません。外壁塗装は外観の美的作用だけではありません。

時間が経てば、良い塗料も経年劣化していきますので、建物の外壁塗装に塗り替えのサインが出始めたら、化粧直しの準備です。塗り替えのサインとは、塗料の剥がれ、壁のヒビ、白い粉状のモノが付くチョーキング、黒い汚れや変色の発生、シーリング剤の劣化などの現象です。少しでも外観が全体的に暗くなってきたり、サビや傷みを感じて来たら、直ちに外壁塗装工事の準備に取り掛かる方が良いです。

外壁塗装の料金相場は、2階建ての場合だと、塗料の種類と塗装する面積、建物の状態によって45万円から120万円と費用の幅が出ます。こればかりは机上の計算では難しく、プロによる現地確認の上で算出される見積もりが、より現実的な外壁塗装の工事代金になります。およそ10年のスパンで塗り替え工事を必要とする塗料なら、少なくとも生涯で100万円以上の費用を見込んでおくと良いでしょう。

・耐用年数の短い塗料で塗り替えを多くこなすか
・耐用年数の長い塗料で塗り替えを少なくするか

これは、それぞれの考えで決定して良いことです。ただし耐用年数と塗料の値段は比例します。耐用年数の長い塗料は高額です。塗り替えが必要な面積が広ければ、その分の塗料が必要ですから、傷み過ぎた時に工事を依頼すると、想定より高い見積もりが出てくることになります。

安い費用で外壁塗装が出来ればベストですが、見た目以上にチェックしていくと痛みがひどいケースもざらにありますので、まずは定期的に目視で建物の状況を見てみましょう。どうすればいいのかわからない時は、優良工事店ネットワークに相談です。

外壁塗装の優良工事店ネットワーク

塗料別の耐用年数と価格傾向

外壁塗装の塗料は、価格と耐用年数が比例関係にあります。

・耐用年数の短い塗料は安い
・耐用年数の長い塗料は高い

すごくシンプルですね。ただし1度塗ったら塗り替えは要らないという塗料はありません。更に言えば「耐用年数」の意味は、あくまでも塗料が建物を保護できる目安の期間です。建物は外壁塗装や屋根塗装でコーティングしていると思ってください。良い材料で丁寧にコーティングされれば長持ちします。外壁塗装はそんなイメージです。

塗料の耐用年数は、樹脂成分によるところが大きいので、一般的には種類別(樹脂別)に耐用年数を表示しています。1缶あたりの費用もメーカーよって幅がありますが参考にしてください。

・アクリル 3-5年 ~15,000円
・ウレタン 5-7年 ~20,000円
・シリコン 7-10年 ~40,000円
・ピュアアクリル 15年前後 ~70,000円
・フッ素 15年以上 ~100,000円
・無機 20年以上 ~120,000円

あくまでも目安です。耐用年数は表示より短い場合もあるし、長い場合もあります。1缶あたりの費用も最高値を示してますが、価格改定もあります。要は外壁塗装の塗り替え時は建物にしか分からないですし、現場をチェックしないと費用は見えてこないということです。30年建物を維持管理する場合、耐用年数が長ければ外壁塗装の回数は少なくて済みますし、逆に短い塗料なら塗り替え回数が増えます。

塗り替えのサインというものがあって、チョーキング(白い粉が手に付く)、クラック、変色、鉄部のサビ、木部のハガレ、雨どいやシーリング劣化など目視で確認出来たら、外壁塗装のメンテナンスのタイミングです。頻繁に塗り替えを行うか、出来るだけ長いスパンで塗り替え回数を少なくするか、これは建物のオーナーの方針でよろしいかと思います。

安い塗料を使いたいのは理解できますが、住宅の寿命は40年50年と長期ですから、耐用年数の長い塗料で塗り替えをした方が必要以上の費用負担を背負うこともなく、経済的なケースもあります。

耐用年数が最も長い無機塗料とは

耐用年数が最も長い無機塗料。メーカーによっては耐用年数20年を超える塗料もあります。無機塗料とは、簡単に言えば原料に無機物を配合して塗料の耐久性を高めた塗料です。無機物とは具体的に、石や土などの鉱物ですね。鉱物は紫外線などに滅法強いですから、昨今の紫外線の強い日本の環境には救世主のような塗料です。

ですが価格が最も高くなりますし、鉱物の特性であるひび割れの発生などのリスクは承知しておかなくてはなりません。驚異的な耐候性に期待するか、価格やひび割れのリスクを飲み込めるか、ここがポイントでしょう。余程のこだわりが無い限り、無機塗料をチョイスする必要性はありません。施工する塗装会社の技術力も大きく仕上がりに影響が出る塗料だとも言われています。

特に日差しが強い方角の壁や屋根のみに使うという発想もあるかもしれませんが、他の塗料と塗り分けるメリットも特にありません。塗装業者に相談するなら、無機塗料の施工実績や具体的なポイントなどを聞いてみると良いです。

無機塗料を販売しているメーカーは「日本ペイント」「エスケー化研」「関西ペイント」などメジャーどころです。やはり価格は高いですね。今後は塗料メーカー公認の「無機塗料マイスター」などの認定制度が登場して、業者の技術力など一定の評価を与える仕組みがあれば、採用決定の後押しにもなるのですが、そういうものが無い限りは、やはりスタンダードなシリコン系を中心に、グレードを上げるかどうかを検討するのが無難なのかなと思います。

スタンダードな塗料を選んでおいて、住宅の傷み具合や環境の特徴などからどのメーカーにするのがを絞り込んでいきましょう。もちろん業者に相談しながらです。あまりにも業者側からオススメを受けたからと言って渋々了承することだけは止めておきましょう。結果オーライとなっても、「あの工事は高かった」という思いは残ります。数年経って外壁に異変を見つけたら「高いお金を出したのに・・・」と後悔気味のセリフを吐くことになり兼ねません。

外壁塗装は耐用年数の長い塗料を軸に相談

外壁塗装をしなくてはならない時期は必ずやってくるわけですが、それが5年毎なのか、10年毎なのか、20年毎なのかで、トータルの費用も変わってきます。新築から30年間の間に外壁塗装は1回だけで済む場合と、2回やらなければならない場合とでは、1回で済む方がコストは抑えられます。これが耐用年数と費用の関係です。出来るだけ長く持たせて工事費用を抑える事が究極の外壁塗装工事です。

ところが塗料の耐用年数は、あくまでも目安であり、絶対的なものを保証する訳ではありません。これかせ10年先、20年先では、恐らく日本の気候も変化があるでしょう。もっと暑い日が続くかもしれませんし、氷河期とまではいかないまでも寒い日が長くなったするだけで、塗料の劣化のスピードが変わってもおかしくないわけです。ただでさえ四季という世界的に珍しい気候の日本ですから、建物の外壁は過酷な環境に晒されていると認識しておくべきです。

予算の関係で、耐用年数の長い塗料は選べそうにないと、勝手に判断していたりしませんか。そういうところはプロに相談すべき事です。自治体によってはリフォームに関する補助金または助成金の制度があります。外壁塗装に関しても該当する場合は、自治体から援助が受けられるので、グレードの高い塗料に変更できる可能性がありますよ。外壁塗装業者が、このような助成金や補助金に詳しくないと、安かろう悪かろうの工事になってしまい、また数年後に同様の金額で工事を行うことになります。

工事回数をトータルで減らすために出来るだけ耐用年数の長い塗料を選ぶわけですが、もうひとつ工事回数を減らす理由があります。それは足場費用が勿体ないからです。外壁塗装工事には足場が必須なんですね。足場費用は外壁塗装工事の全体の3分のぬから4分の1ぐらいを占めるので、出来るだけ工事回数を減らすに限るんですね。2回目の外壁塗装工事だからタダで足場組んでよ、ということは絶対に出来ないからです。2回目だから足場は無しで塗装して、という理屈も通りません。

外壁塗装は、出来るだけ耐用年数の長い塗料をベースに見積もりしたり、工事内容の打ち合わせを行いましょう。


戸建ての外壁塗装の費用で後悔しない方法 © 2018