戸建ての外壁塗装の費用で後悔しない方法

外壁塗装の優良工事店ネットワークとは、どういった組織なのでしょうか。無料で全国に外壁塗装の知識を授けるガイドブックを発行している組織です。リフォーム業界は常に業者とお客との間でトラブルが頻発しています。外壁塗装の優良業者の特徴とは。

外壁塗装の優良工事店ネットワークとは、どういった組織なのでしょうか。無料で全国に外壁塗装の知識を授けるガイドブックを発行している組織です。リフォーム業界は常に業者とお客との間でトラブルが頻発しています。外壁塗装の優良業者の特徴とは。

外壁塗装の優良業者だけが入会できる組織

優良工事店ネットワークとは、全国の外壁塗装業者の中でも、一定の評価を得なければ入会できない組織を運営する、リフォーム会社選びの専門機関です。一定の評価とは、「リフォーム工事をした全国の消費者にアンケートを実施。その集計・分析の結果、多くの消費者が「優良」と認めた」(優良工事店ネットワーク公式サイトより)ことになります。外壁塗装を希望するとお客側と業者を無料でマッチングしたり、第三者保証、仲裁サービスなども行っています。

長年にわたって、リフォーム業界と業者を見てきたからこそ、ハードルの高い条件をクリアした塗装業者しか紹介をすることはしませんので、満足度の高い工事が行われます。それでもリフォーム業界はトラブルが多いです。公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターがまとめた「住宅相談統計年報2018」では、トラブル相手の92.4%は業者だというデータが記されています。このデータが証明するように、お客側と業者を繋ぐ中立の第三者機関が必要で、その役割を果たしているのが優良工事店ネットワークです。

優良工事店ネットワークのサービスは全て無料です。何かウラがある、紹介を受けたら後から莫大な仲介費用を請求される、それは一切ありません。なぜならば、建築家や工事店に対して、

建築家向け
・コンサルティング事業
・営業支援ツール作成代行
・ホームページ作成管理代行 

工事店向け
・コンサルティング事業
・住宅設備機器、建材の販売
・カラーシミュレーション作成代行
・ホームページ作成管理代行

などを手がけているので、仲介手数料を無料にできる仕組みを持っているんです。全国に770社のネットワークがあるので、どこの現場でも外壁塗装工事店を紹介することが可能です。紹介の際は、一括見積もりのように複数の業者をマッチングするのではなく1社ずつの紹介です。

紹介を受けても、その業者と工事請負契約を締結する義務はなく、納得するまで相談できるので、無料ガイドブックを請求することで繋がりを持っておくと心強いと思います。

外壁塗装の優良工事店ネットワークの特徴

外壁塗装の優良工事店とは、何を以て言うのでしょう。工事価格が安いことでしょうか、実績が豊富なことでしょうか、それともたくさんの社員を雇っていることでしょうか。どれも、それっぽい感じはしますが、一概には言えないところがあります。改めて外壁塗装の優良工事店あるいは優良業者の特徴を探ってみたいと思います。

外壁塗装はリフォーム工事のひとつです。リフォーム市場は年々右肩上がりですが、トラブルが多いことも周知の事実です。公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターがまとめた「住宅相談統計年報2018」では、トラブル相手の92.4%は業者だというデータが記されています。リフォームすれば業者トラブルがオマケで付いてくるのではないかと思えて仕方がない数字ですよね。

トラブルの原因は、

・お客側に専門知識が無いので任せきりになる
・お客側に専門知識が無いので業者が好き放題できる

この2点です。しばらくトラブルは高い水準で起こり続けると思いますが、だからこそ優良工事店や優良業者は絶対数が少ないので出会うまでが大変なんですね。トラブルを未然に防ぐには、

・お客側に最低限の知識を持ってもらう
・業界の健全化をすすめる

しかありません。どちらも一石一朝では出来ないことですが、全く不可能ではありません。お客側に知識を持ってもらうには、優良工事店ネットワークが発行している「外壁塗装の赤本」が最適ですし、業界の健全化として優良工事店ネットワークそのものが存在しています。

外壁塗装赤本 優良工事店ネットワーク 

優良工事店ネットワークに参加している外壁塗装業者は、工事を終えた後に、お客側から「提案力」「技術力」「誠実性」「マナー」「価格」「迅速性」「総合」という7つの項目を5段階評価してもらうことが義務付けられています。この評価は優良工事店ネットワークからの紹介の指標になっています。つまり評価の低い業者は、お客に紹介されないという厳しい環境にいます。健全な外壁塗装業者しか、優良工事店ネットワークには参加出来ない仕組みになっているので、紹介を受けた業者に安心して外壁塗装工事を任せられるんです。

優良工事店ネットワークの工事店無料紹介サービスの流れ

外壁塗装の赤本を無料で提供している優良工事店ネットワークですが、やっていることは冊子の配布だけではありません。お客さんと塗装業者との間に立って、外壁塗装や屋根塗装、リフォームを円滑に適正価格で満足度の高い工事を提供するために、様々なサービスをお客さんと工事店の双方にやっています。そのなかで優良工事店の無料紹介サービスのことは、これから外壁塗装や屋根塗装を控えている住宅オーナーに知っておいて欲しいと思います。

何かしらのリフォームが必要になると、まず、住宅会社やリフォーム会社のシュールームなどに出向いてプランナーに相談し、概算見積もりや、ある程度のプランニングを参考にして検討をスタートします。もしくはインターネット上で一括見積もりを申し込んで、業者からのアプローチを待って進めていくか、この2通りではないでしょうか。

手段はどちらでも構わないのですが、住宅会社やリフォーム会社は、提携している工務店や工事専門店を紹介して、現地調査による見積もりへと進みますが、一括見積もりの場合は複数の業者から出された金額の最安値を示した業者に現地調査を依頼しがちです。どちらが良いかは問題では無く、どちらでも、上手く進んで満足な仕上がりでね引き渡しを受ければOKなわけです。

よくわからないから「とにかく任せたい」時は、優良工事店ネットワークの無料紹介サービスがおすすめです。利用の流れは、

1.公式サイトへ行く → 外壁塗装の優良工事店ネットワーク
2.無料ガイドブックを請求する
3.届いたら目を通す
4.同封されている用紙や電話で紹介を依頼する
5.電話などで相談事項を聞き取り
6.担当する工事店や現地調査の日程を打ち合わせ
7.現地調査の実施
8.見積書の提出と内容の説明のために訪問
9.見積書の金額等を家族会議して結論を出す

ここまできたら工事請負契約を締結するか、見合わせるかのどちらかになります。担当工事店が提出する見積書は、工事店が単独で判断したものではありません。優良工事店ネットワーク事務局が適正価格と判断して提出の許可を得たもので、自動的に二重チェックとセカンドオピニオンが実施されていますので万全です。

優良工事店ネットワーク紹介の工事店で契約後

優良工事店ネットワークの紹介で外壁塗装や屋根塗装などリフォームを実行する場合の流れですが、紹介を受けた工事店が、ちょっと相性が合わないような感じがする場合は、正直に言っても良いです。なんとなくありますよね、相性って。結構大事なんですよ。

本来、お客さんと工事店は対等でなければなりませんが、関係がギクシャクしていると意思疎通が出来なくなりますし、情報共有の面でも差支える事があります。忌憚なく話せる間柄を求める必要はありませんが、コミュニケーションは取りやすい方が良いです。契約後の塗料の仕様や色決めなど、話し合う機会がグーンと増えるので、相性問題は片付けておくべきです。

では流れを説明します。

1.契約
2.仕様決め(塗料のグレードやカラーなど)
3.工事日程決め
4.工事前の近隣挨拶
5.外壁塗装または屋根塗装の工事
6.工事完了チェック
7.引き渡し
8.工事終了時の近隣挨拶
9.工事店の採点

最後の工事店の採点は、必ず求められます。これが優良工事店ネットワークの生命線と言っても過言ではないようです。この評価を基に、優良工事店ネットワークに加盟している工事店の質を維持するので、正直に回答すれば良いと思います。その場で回答するのではなく、後日、採点のための用紙が送られます。

保証に関しては、契約から工事完成までの保証と、引き渡し後つまり工事完成後も保証は続きます。この保証は工事店が工事期間中や工事完成後に倒産してしまった場合、

・工事完成前なら前払い金等全額返金で他店が工事引き継ぎ
・工事完成後ならアフターメンテナンスを他店がフォロー

ということを約束するものです。詳細は実際の契約時に説明があると思われますが、第三者が保証するのは安心ですね。リフォームトラブルも保証に関する事も多いですから、わからない部分はしっかりと聞いておきましょう。ちなみにトラブルが起きた時も優良工事店ネットワークが仲裁に入ります。紛争解決を含めた仲裁なので、お茶を濁して終わりということはありません。


戸建ての外壁塗装の費用で後悔しない方法 © 2018